データベーススペシャリスト試験合格

個人的に情報処理試験で最難関だったデータベーススペシャリスト試験に合格した!

今回は午後2の問題が、インフラチックなバックアップ・リカバリだったのが勝因か。点数もそこそこ良かったし。

これで残すはエンベデッドとシステム監査のみ!長い戦いもようやく終わりが見えてきたかな(ノ´∀`*)

と思っていたら、また制度が変わったりして(^_^;)

データベーススペシャリスト試験終了

image

情報処理のデータベーススペシャリスト試験終了。

いつもは前日だけ、もしくは当日だけ頑張る作戦だが、今回は1週間前から過去問チェック!

この微妙な頑張りが功を奏したのか、午前問題はもちろん、午後Iと午後IIもできた!(気がする)

デスペでは初めて結果が楽しみだ(๑•̀ㅂ•́)و✧

試験合格のご褒美

ウチの会社では情報処理試験に合格すると、ちょっとばかしご褒美がもらえる。ITサービスマネージャとか高度情報処理試験に分類されているものは3万円+受験料をキャッシュバック!かと思っていたら、実は5万円+受験料だった!
今年はボーナスが殺人的に安かったから、これは素直に嬉しい。
しかも勉強時間15分だから、コストパフォーマンス最高!
たまには自分にご褒美を買ってあげよう。うん。

情報処理技術者試験の合格発表!

今日は情報処理試験の合格発表だったらしい。(←なぜか他人事)
合格発表ってこと自体スッカリ忘れていて、夜に嫁に言われるまで気づかなかった。
というのも、今回受験したITサービスマネージャ試験(旧システム管理)は午後の試験が大っ嫌いな論文で、受かる気がしなかったのと、論文以外もまったく勉強していなかったので、過去1~2を争うほどダメダメだった。
だって試験に向けた勉強時間は15分程度で、試験当日に電車に乗ってから初めて参考書を開いて、4ページ見たぐらい。(←こんなの勉強したとは言わない)
・・・のはずなのに、なぜか合格!?
ん~意味がわからん。
いつもと違うのは論文を規定の2400文字以上書いたことぐらいで、特に手ごたえがあったわけでもない。
(いつもは後ちょっとの2200文字ぐらいで力尽きてた)
まぁでも、これも真の実力だと思って素直に受け入れておくかな(w(←ありえない)
偉そうにアドバイスすると、とりあえず文字数は規定の2400文字以上書くことと、問いに合わせて論文の章立てをしてどこに何が書いてあるかわかりやすくしておくこと。あとは自分の経験ではなく、自分が知っている範囲でのあるべき論を自分の経験であるかのように書くことぐらいかな、気をつけたのは。
情報処理試験といい、その前の証券外務員試験&内部管理者試験といい、実力・知識というよりはノリと雰囲気だけで合格した試験が今年3~4回続いているから、たまには難しい試験にチャレンジしてみるかな。(←絶対やらない)
今年は資格6個ゲット。結構いいペースだったなぁ。

一種証券外務員試験ゲット!

今日は先日受験した一種証券外務員試験の合格発表日。
今回は担当していたプロジェクトが集結間近のタイミングで試験だったから、ほとんど勉強もできず(←!?)、受験した結果手応えもなかったから当然ダメだろうと思っていた。
が、なぜか合格してた。
うぅ~ん、マークシート恐るべし。
今はきっと運が付いていると思い、サマージャンボ宝くじを買ってみた。
ここのところ買ってなかったから久しぶりだな。
さて、運試しの結果はいかに。。。
で、この資格を取ったから、証券会社で営業マンとして働けるはずなんだが、IT企業にお勤めのらのっちにとって、この資格がどう生きるのか知りたい(ーー;
しかも試験がマークシートだと分かっているから、問題と答えの『雰囲気』だけを何となく覚えていただけなので、証券業務を語れと言われても無理な話。
いい加減な資格だ、と言いたいところだが資格なんてしょせんそんなモンかな。
なんだかんだ文句を言いつつも、次は同じく証券の内部管理責任者の資格を取らなきゃな。
試験範囲も狭くて参考書も薄いから、今回は少しは身になるように勉強してみるか・・・。
(↑と言ってみるだけ)

一種外務員資格試験を受験

ついにやって来てしまった一種外務員資格試験の日。
そう、ウチの会社は某証券会社を親に持っているせいで(なのかどうかは分からないけど)、IT企業のくせに外務員試験を受けろって圧力をかけられてる(ーー;
2月になんとか二種に一発合格したけど、次は一種。
内容はざっぱに言うと二種の内容+デリバティブ取引に関するもの。
個別株は持ってるんでその範囲は何となく分かるけど、それ以外の投信とか信用取引、先物取引、オプション取引・・・なんかは馴染みがない。
しかも試験の内容は金商法だとか外務員必携から出ているので、超理屈っぽい感じ~♪
だから畑違いのらのっちからすれば勉強しててもあんまし楽しくない。
OracleとかLinuxの資格の時はもっと燃えたのに。。。
試験の回答方法は2者択一、もしくは5者択二?なので、変な話勘だけでも50%近くはとれる計算(w
だけど、演習問題を解いていても意外とボーダーラインの70%を超えることができない(><)
とりあえず問題集は一通り解いて試験に臨んだけど、内容を理解しているはずもなく、問題の雰囲気とそれに対する回答の雰囲気をボヤァ~っと覚えていて雰囲気で答えているだけ。
だから試験が終わった後も達成感は全くなく、手応えも・・・ない。
もうちょっとボーダーラインが低ければなんとかなっていそうな雰囲気もあるけど、70%ってのは意外にハードルが高い。
結果は当日の運が冴えていたかどうかによるな。
(↑要約すると運を天に任せて回答しているから、運が良ければ受かってる、悪ければ落ちている・・・ってことを無駄にダラダラ書いてみただけw)
ただ結果はどうであれ、試験が終わったという開放感はバリバリある!
このまま受かっていてくれれば最高だけど、ダメだったらまたこれがあるのかと思うと憂鬱だ。
でも次回試験は早くても2ヶ月後なので、それまでは腹いせに別の資格でも取って弾みを付けておくかな。

情報処理技術者試験を受験

就職してからは半年に一回、経済産業省に5,100円を税金として納めるイベントをけなげに続けてる。
思い切って受けなきゃいいのかもしんないけど、何となく受けないのは邪道だ的な雰囲気が自分の中にあるのは間違いない(←ダマされてる)
今日の試験会場は日大の経済学部で水道橋にて下車。
この辺は大学とか資格の学校とか多いのね。
今のところ情報処理で持っている資格は・・・
・初級システムアドミニストレータ試験
・基本情報処理技術者試験
・情報セキュリティアドミニストレータ試験
・テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
だけなんだけど、今回受けた情報セキュリティスペシャリストの位置づけがよく分からない。
以前は
・テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験
・情報セキュリティアドミニストレータ試験
と二つあったのが改訂されて一つにまとめられたらしい。
ただ、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験の方を持っていると、新体系の情報セキュリティスペシャリストに読み替えられているけど、情報セキュアドの方はそうはなっていない気がする(ーー;
なんだか損な方を取っちゃった?
で、今日の試験の方はいつも通りバッチシ!
午後Iも午後IIも時間が余って2回見直すほどの余裕だったよ( ̄ー ̄)
・・・が、そう言っているのは今回だけじゃなく、いつものこと。
試験後は手応えバッチリで自信満々に合格発表の日を迎えるけど、なんだかちっと点数が足りなくて毎回落ちてる(|||_|||)
まぁ試験の半年前に買った参考書を当日試験会場で初めて開いているような状態で通るわきゃないんだろうけど、やっぱ悔しい。
でも今回の試験は以前合格したときぶり・・・かな?に、事前に勉強するという頑張りっぷりを発揮したので、是非とも合格していて欲しい。
(↑ちなみに勉強を始めたのはテストの1週間前だけど)
今は仕事も全然忙しくないし、資格取得月間にするかな。
・・・ただ来週の証券外務員試験は憂鬱だ・・・。

証券外務員試験合格!

今日は先日受験した証券外務員試験の合格発表!
微妙な出来で結果にそれほど自信がなかったけど、見事に合格っ!
これでまた新たな資格がらのっちの資格リストに追加されたぜぃ(w
この資格、持ってたら何ができるって、証券会社の営業マンとして働けるってことぐらいかな。
まぁそんな予定ないけど、勉強したおかげで株の銘柄情報見たときにPERとかPBRとかROEとかなんとなく分かるようになったからまぁ良いとするか。
今晩は自分へのご褒美に出前で鮨をとってやったぜぃ。
安いのだったけど美味しかったぞ~♪
IMG_4612.jpg

証券外務員試験

何を思ったのか昨年末ぐらいから、会社で証券外務員の資格を取りなさいというおふれが出た。
確かにウチは証券会社系のシンクタンク(ほぼIT企業)だけど、別にそんな資格仕事とは関係ない。
でもみんなスゴイ勢いで合格していってるから、仕方なく今日受験してきた。
確かに株はやっているので、最低限の知識はあるつもりだけど、試験の内容は金商法っぽい内容なので全くなじみがない。
直前1週間で問題集を解きまくって、問題の雰囲気と回答の雰囲気を覚えただけ。
それでも試験は選択式なので、問題集にあった内容は分かったつもりだけど、なかったところはほぼ分かんない(ーー;
得点率7割が合格ラインだから微妙なところかな。
全然ダメだとは思わないけど、そんなに自信もない。
まぁ数日後の合格発表を楽しみにするか。
ただ今になって振り返ってみると、勉強した内容はビジネスマンとして意外と知ってて損はないかも(?)

情報処理試験

今日は半年に一度の情報処理試験。
楽しみに待っていたはずもなく、朝から憂鬱感タップリ(=_=)
今回は過去最高に勉強していない…とまでは言わないけど、直前までORACLE MASTER用の勉強をしていたから、明らかに勉強不足。。。
ただ、今回受けた情報セキュリティの科目は雰囲気でなんとなく分かるから、一応試験会場へゴー!
うん、試験が終わったあとの感じとして、やっぱ全体的に分かった、デキたような気がする!!
時間も足りたし、見直しをする時間もあった(^_^)/
なーんて言っているときはいつも午後2試験で数点足りなくてギリギリ落ちるんだよね(T_T)
別に会社からのプレッシャーもないし、気楽に結果を待とう。
あ、あと今回の試験では試験中に電話が鳴っちゃって、強制退場させられたオジサンがいたなぁ〜。
あれだけ電話切れって言われたのに。
電話が鳴った事実よりも、それで解答用紙を取り上げられて、退場させられるまでの過程が気になって、集中力が切れちったよ。
そういえば今回は知り合いに会わなかったなー。
前回は転職前の会社の人に何人も会ったけど、今回は一人も会わなかったな。

ORACLE MASTER Silver 11g資格ゲット!

今日も朝から良い天気☆
ダラダラとモンハン2Gでもやって過ごしたい今日この頃だけど、今日はついにOracle Masterの試験日(ーー;
試験会場が変わる!と特に関係のない焦燥感にかられて、慌てて試験に申し込んだは良いけど、勉強ししてナッシing!
慌てて問題集を買いに行って1週間モンハンも忘れて(←?)勉強に取り組んだ結果、晴れて合格!!
いつもは参考書を読破して最後に問題集を・・・というやり方をしていたけど、今回は時間がないからいきなり問題集ばっかやって、間違ったところをひたすら覚えるという全く自分のスタイルと違うやり方をしてみたけど、意外とハマった( ̄ー ̄)
さらに、使った問題集が良い感じで試験範囲にヒットしていたお陰も大きいかな?
↓これだけシッカリ勉強したらOracleの知識が薄くても十分に合格できます!これからSilver DBA11gを目指す人にはお勧めです♪

さて、んで次は調子にのってOracle Master Gold 11gを狙うかな?・・・と思ったら、まだ試験がリリースされていなかったA^-^;
じゃあLPIの最高峰Level3でもいってみるか。。。
(↑情報処理技術者試験を忘れてる)
【関連サイト】
 オラクル認定資格制度
 Linux技術者認定機関
 情報処理技術者試験

Oracleの試験センター変更

あんましどーでもいい話だけど、Oracleの試験センターが変更になるらしい。
なぜに今更。。。
【これまで】 プロメトリック試験会場
          ↓
【これから】 ピアソンVUE公認テストセンター
しかも突然9月14日から切り替わるらしい!
ちょうどその頃に受験しようと思っていたのに(ーー;
(↑といつも言ってる)
プロメトリックの方が試験会場も多いしいいのにな。(たぶん)
こうなったらプロメトリックでの最後のOracle受験者になってやるー!
(↑全く無意味)
とりあえず今までに取った資格をザッとおさらいしてみた。
(取った順&級やレベルは省略)
・実用英語技能検定
・原付免許
・第1種普通免許
・国際連合公用語英語検定
・工業英語能力検定
・日本漢字能力検定
・基本情報技術者試験
・初級システムアドミニストレータ試験
・TOEIC
・MCA OS・ネットワーク
・インターネット検定 .com Master
・XMLマスター
・テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
・LPIC
・SANRISE Engineer
・情報セキュリティアドミニストレータ試験
・Oracle MASTER
実際には複数の級を持っているのがほとんどなので数を数えるともっといっぱいある感じw
さぁ!引き続き資格マニア行ってみよー!
【関連情報】
 重要なお知らせ:オラクル認定試験配信会社変更のお知らせ
 ピアソンVUE

TOEIC結果発表!

旅行から帰ってくるとポストにTOEICのスコアシートが届いていた!
点数は秘密として、前回から60点アップ!!
ただ、結構勉強したリーディングは点数が上がってなくて、リスニングだけが単純にアップしていたのは何なんだろう???
目標までは遠いけど素直に喜んでおこう(w
まぁ旅行で英語の重要性も痛感したことだし、Oracleと情報処理を取ったらまたTOEICの勉強でもするかな♪

TOEICチャレンジ!

今日は久しぶりにTOEIC(英語の試験)を受けてきた!
高校の頃はそんなに英語が苦手じゃなかった気がするけど、卒業してからは全くと言って良いほど英語を使わないのでレベルは究極にダウン。。。
なんでまたそんな状態でTOEICを受けたのかは触れないけど、ちょっぴり事前準備をしてから試験に臨んでみた。
前回はリスニングで何を言っているのかさっぱり分からなくて、リーディングは全く時間が足りなくて惨敗。
今回はちょっとだけとはいえ準備をしていたお陰か、試験の要領が分かっていたお陰か、前回よりは健闘できた気がする。うん。
まぁ今後も細く長く勉強していこうかな。

バートン・マルキールセミナー

今日はツレのお供で、昼から投資セミナーなるものに出席してきた。
よくよく考えると大手証券会社(のシステム会社?シンクタンク?)に勤めていながら、金融業界の話にめっぽう弱いらのっち(汗
どうしてもシステムのテクニカル寄りに興味を持っていたので、金融の話自体にはこれまであまり興味を持っていなかったということもあるけど、難しそうだから逃げていたというのが正直なところかな?
資産形成のために・・・ではなくブログのネタのために(?)株をやってはいるけど、好きな会社の株をちろっと持っている程度。
そんな超低レベルのらのっちにとって今日のセミナーはすんなり理解できるものではなかったけど、これまで耳にしたことがあっただけのレベルだった金融関係の単語たちがちょっとだけ繋がった貴重な一日だった気がする。
メインのマルキール教授の講演は英語と同時通訳の日本語の言葉が耳になだれ込んできて、意識を失いかけていたけど、その後のパネルディスカッションは日本人3名のお話だったからシッカリ聞けた(w
↑ボロが出るのでセミナーの内容は書かないぞ(w
感想としては、これまで投資と言ったら株式で応援したい会社の株をピンポイントで買うもんだと思っていたけど、それだけじゃあないこと。(←そもそも考えたことさえなかった)
インデックスファンドというちょっと聞き慣れない投資方法に興味を持ってしまったので、銀行で年間数千円の利子をもらうよりは、勉強のためにちょっとだけ買ってみようかなと思ったこと。かな。
仕事が落ち着いたら無料の初心者向け投資セミナーとか行ってみようかな。
ん?そういえば自社で扱っている以外の投資信託って買えるのかな?
(変なところで会社の規定に引っかかりそうだ。。。)
【関連サイト】
 バートン・マルキールセミナー